SSピンポン

ssピンポン,sttmie Sound Table Tennis Mie

FrontPage


サウンドテーブルテニス三重 情報交換の場

mie2021

       Welcome to Stt Event Information  English

三重とこわか国体「競技・デモスポ」 記念の缶バッジを作成します。

東京オリンピックの翌年です。皆さん参加して!この大会を盛り上げましょう

2021

三重とこわか国体の会期
  2021年 9月25日(土)から10月 5日(火)まで11日間
三重とこわか大会の会期
  2021年10月23日(土)から10月25日(月)まで3日間

国体デモンストレーション部門で「SSピンポン」の競技を行います。「三重北勢健康増進センター•四日市市」( 2021年4月25日予定 )


お知らせ

31年(令和元年)

15.第3回住友電装杯 SSピンポン交流大会 四日市市健康増進センター 12月8日(日)
14.まぼろしのいきいき茨城ゆめ大会展詳 細
13.みんなでSSピンポン、ルールー詳細
12.(放送は終了しました)第2回 SSピンポン クスノキ杯の様子をCTYケーブルテレビニュースでご覧になれます。
11.中日新聞 サウンドテーブルテニス記事2019/06/09
10.第8回Sダブルス大会要項は <<こちらから>>(R1/8/18) 
  申込受付期間:令和元年5月27日(月)~ 6月24日(月)

アドレスを安全のため(https://sttmie.ssquin.com/)に変更しました。Sを追加

 「コメントはここからお願いします」

---

第3回三重NPOグランプリ

  • 地域予選(伊勢会場)
    【日時】11月30日(土)14:00〜16:00 
    【会場】北館いせシティプラザ1階ホール(‭0596 20 438‬5)
    【出場団体】2団体
    ・NPO法人日本SSピンポン協会
    ・伊勢の匠会
  • 決勝戦 聴講者募集
    12月14日土曜午後1時30分から16時30分まで
    みえ県民交流センター(津アスト3階)投票が出来ますのでご参加ください。

詳細は下記ホームページで

是非お出かけ下さい。聴講者も投票が出来ます。


 第16回全国視覚障害者卓球大会


2019年(令和元年)11月9日(土)- 10日(日)
東京都多摩障がい者スポーツセンター

優 勝準 優 勝 3位 
A男子住吉 実(長野県)礒田 俊一郎(東京都)米澤 浩一(京都府)・森住 純一(茨城県)
A女子伊藤 貴子(静岡県)小林 里美(静岡県)原 則子(東京都)・佐藤 和代(千葉県)
B男子村井 正治(三重県)額賀 勝彦(茨城県)赤堀 実(静岡県)・佐々木 昭(秋田県)
B女子前川 怜子(長野県)田村 茂美(徳島県)高橋 キエ(秋田県)

2 1


第8回三重県サウンドテーブルテニス大会


令和元年10月20日(日)
三重県身体障害者総合福祉センター

優 勝準 優 勝 3位 
男子の部堀 剛(志摩市)伊藤 雅彦(菰野町)岡本勉 (津市)
女子の部黒田智子(鈴鹿市)山本 鐘子(四日市市)川本 三奈(鈴鹿市)




三重県議会議員SSピンポン体験会

  令和元年10月4日

14 11

(下の写真はクリックすると大きくなります)ーー

12 7 7 6

13 9 5 10

1


------

3回目の浜松STTクラブと三重との交流試合

3

令和元年9月29日 浜松市福祉交流センター

2

1


第65回全国盲青年研修大会(三重県大会)

令和元年9月22-23日 三重県津市 アストプラザ

第2研修会「三重県発 生涯スポーツSSピンポン」資料より(一部省略)

講師:黒田 智子·川本 三奈(社会福祉法人 三重県視覚障害者協会 STT 部員)

視覚に障害ある人も健常者も楽しめる障害者スポーツの代表的なものが、生涯スポーツ「SSピンポン」です。三重県視覚障害者支援センターの大研修室では、毎週3回ほど定期的に行われています。

サウンドテーブルテニス(STT)は、卓球を視覚障害者向けに改良したものです。プレイヤー全員は、アイマスクを着用します。

ー方、生涯スポーツ「SSピンポン」は、サウンドテーブルテニス(STT)から生まれたものです。金属球が入ったピンポン球を卓球台の上で、転がして打ち合うことから、音を聞いて反応できます。(見える人は見ながら)こうしたことから、サウンドテーブルテニス(STT)なら必要となるアイマスクを着用する必要がありませんし、普通の卓球台でできます。(シングルとダブルス)

この生涯スポーツ「SSピンポン」は、三重県が発祥の地です。平成31年2月1日は、特定非営利活動法人日本SSピンポンを設立しました。平成31年3月15日には、【SSピンポン】を商標登録(特許庁)しました。

講師の黒田 智子さんと川本 三奈さんは、平成30年2月に三重県伊勢で開催されたNHKのど自慢に出場し、TOMORROW (岡本真夜の曲)を歌いました。残念ながら、鐘はふたつだったのですが、歌の後の小田切アナウンサーとかけあいで、SSピンポンを全国に発信しました。その後、NHK津放送局か、STTとSSピンポンを取材し、地元ニュースの中に流してくれました。

第2研修会では、はじめにSSピンポンのルールなどを説明した後、体験をしていただきました。(好評で、他府県へ説明に行くことになってます)
(交流会で二人は司会もされました。)

1 3 6

1 5 4


令和元年度ブロック別総合型地域スポーツクラブ(SSピンポン体験交流会)

01

8月6日から8月28日まで開催していただきました。
北ブロック
中ブロック
南勢志摩ブロック
伊賀ブロック
東紀州ブロック

東紀州ブロック参加者のみなさん
6 7 8 9

2 3 3 4
南勢志摩ブロック参加者のみなさん
1


NPO法人 日本SSピンポン協会 設立記念式典

3 1 2

9


31年3月2日 (三重県津市 アスト)
車椅子ランナー 伊藤智也氏をお招きして、これからのスポーツ「SSピンポン」の方向性と題して、ご講演をいただきました。サイン入り「縦1M横12M」のSSピンポン横断幕をご寄贈くださいました。
みえ広域スポーツセンター主査:関口大介様からも三重県の情勢などこれからのSSピンポン普及についてお話を聴かせていただきました。

  6 7

2019/3/3 中日新聞

18

第8回Sダブルス三重大会

令和元年8月18日(日)
三重県身体障害者総合福祉センター

優勝
藤林義嗣、福岡佐知子(名古屋市)
準優勝
森澤吉行、村上好生(名張市)
三位
川本三奈、火挟誠子(鈴鹿市)

1 2 3 4

9 6 7 8

8/19-朝日新聞


9

三重県スポーツ推進委員研修会

令和元年7月6日
サオリーナ

10台の卓球台で
SSピンポンの体験(230名)をしていただきました。

1 2 3 10

5 7 6 8


中日新聞 サウンドテーブルテニス記事2019/06/09

20190609



  • サウンドテーブルテニス(STT)
    1枚の板のテーブルでおこないます。
    双方のエンドラインとサイドに枠を付けて、ボールの落下を防いでいます。
    球には金属の粒が4個入っていて、テーブル上を転がしますと音がしますので
    アイマスクをしても打てます。ボールはネットの下をくぐらせます。
    ダブルスは、アイマスク有りと、無しで行います。

  三重県では平成4年から大会を行っています。
  日本では昭和8年から(栃木県足利盲学校長の沢田正好氏が創案されました)「世界盲人百科事典」



rrr


 サイドエンドに位置番号を付けました。
 1. サイド先端 エンドより60センチ
 2. ①より20センチ
 3. ①より40センチ
 .コーナー
 .サービス・レシーバーエリア中央
 10.左右エリアの中央(印のある所)

 エンドからネットに向かって60センチ
 ④~⑩の長さ76.25センチ
 エンドの長さ 152.5センチ




一般卓球台へSSピンポン用の枠を付ける方法

  • エンドに1525ミリ(1527)左右に9×15×600ミリの棒にべニア板をつけて、養生テープで付ける。
    ネットは台との隙間を 42ミリにします。(球は40ミリ)
    ネットの金具は取付取外しを自由にするために台を挟んでいますが、上は端から15ミリ迄にしています。
    中央の段差をなくすために養生テープを使っています。

3 2

1 4




pagetop ーーーーーー

直前のページへ戻るーーーーーーー

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

SSピンポン }}