SSピンポン

ssピンポン,sttmie Sound Table Tennis Mie

27-5-16 tokyo 

 第4回東京スルーネットピンポン大会 27年5月16-17日

 Npo法人 全日本スルーネットピンポン協会 HPよりーーー
2 1

【ダブルスの部】 今回の参加チーム数は20チーム
  優勝 :茨城A(額賀か・額賀ま)
  準優勝:東京C(磯田・穴原)
  3位 :三重A(黒田・村井)
【オープンの部】
  優勝 :額賀あ(茨城/晴眼)
  準優勝:小川(群馬/全盲)
  3位 :泉(東京/晴眼)
【アイマスクの部】
  優勝 :磯田(東京/全盲)
  準優勝:小宮(千葉/全盲)
  3位 :小原(千葉/全盲)


  • 送ってもらったテキストを転記したものですので正確にはご確認ください。

第4回東京スルーネッ トピンポン大会開催要綱

1・大会名称
  この大会は、「第4回東京スルーネットピンポン大会」と称する。
2・目的
  この大会は、スルーネットピンポンの啓発と普及を図るとともに、日頃の練習の成果を
  遺憾なく発揮していただき、仲間同士の交流の輪を広げ、親睦を深め、技術の向上を目
  指すことを目的とする。
  
3・主催
  東京都スルーネットピンポン協会(TSP)
4・共催
  特定非営利活動法人全日本スルーネットピンポン協会(JSPA)  
5・協力(予定)
  東京都多摩障害者スポーツセンター

6・主管
  東京都スルーネットピンポン協会事務局
7・期日
  平成27年5月16日(土)~17日(目)の2日間
8・日程
  16日(土) 受付
     開会式
     競技(ダブルス)
     競技(シングルス)
  17日(日) 懇親会(自由参加)
      競技(シングルス)
     閉会式
     解散
9・会場
  東京都多摩障害者スポーツセンター
  〒186-0003 東京都国立市富士見台2 -1-1
  TEL 042-573-3811

  会場への交通:
   東京駅よりJR中央線国立駅下車 (快速でおよそ50分)。駅南口より会場との無料
  送迎バスがありますが、その時刻表に留意してください。同じく駅前より一般のバスで
  「国立高校前」で下車しますと、バス停の向かい側が会場となります。
 
10・参加資格
  全日本スルーネットピンポン協会会員
  各地区スルーネットピンポン協会会員
   (上記会員でなくとも新規に協会員としてご入会いただくことで、 どなたでも参加することが可能です)
 
11・競技種目
  以下の3部門を実施する。
① ングルス「オープンの部」
   アイマスクの着用は不要。男友混合。
② ングルス「アイマスクの部」
   必ずアイマスクを使用すること。男友混合。
③ ダブルス
   アイマスク使用者と使用しない者の2名でぺアを組むこと。男友混合。
   なお、参加者人教等によって、主催者が種目内容を変更する場合がある。
12・競技方法
  シングルスはリーグ戦及びトーナメント戦、ダブルスはトーナメント戦を行う。
  勝敗については、シングルス、ダブルスともに11点先取3ゲームズマッチとし、デュース有りとする。
  ただし、シングルスの決勝戦に限っては、11点先取5ゲームズマッチとする。
  なお、参加者人数等によって、主催者が競技方法を変更する場合がある。
13・前回優勝者に対する制限事項
  前回大会のシングルス部門にて優隣した選手については、各セット開始時点で相手選手
  に対し4点のアドバンテージを与え、0対4の状態から開始する。
  前回大会のダブルス部門にて優隣したぺアについては、同じぺアでの出場を認めない。
  なお、前回優勝者は以下の通りである。
  ・シングルス「オープンの部」 額賀真(茨城県)
  ・シングルス「アイマスクの部」額賀勝彦(茨城県)
  ・ダブルス:  源喜代司(福井県)、額賀真(茨城県)
14・組み会わせ
  当口受付時の抽選により決定する。

15・適用ルール
  全日本スルーネットピンポン協会制定 「スルーネットピンポン競技規則
    (平成22年11月14日改訂版)」に基づく。
16・表彰
  シングルス、ダブルスともに、それぞれ1位~3位までを入賞とし表彰する。
17・参加料
   3,000円 (星食代・宿泊費・懇親会費は含まない)
  星食については、主催者側で用意しないので、二日間とも適宜各自で済ませること。
18・懇親会
  1日目の夜に、多摩障害者スポーツセンターの1階食堂にて懇親会を開催予定。
    (自由参加、料金は未定・当日懇親会会場で徴収)
19・参加申し込み方法と締め切り口
  各協会の代表者または一般会員は、郵送、電子メールまたは電話にて、必要事項を下記
  事務局まで申し込むこと。
  なお、全日本スルーネットピンポン協会の会員でない方については、全日本スルーネッ
  トピンポン協会への入会申し込みも必要となる。
 
  ・申込み期限・:平成27年4月18日(土)
  ・大会参加申込先:田鳥 成子
     TEL:03-3645-8532 / 080-5443-4328
     E-mail:t413271@hotmail.co.jp

  ・必要事項: 代表者名 (参加者)、代表者の携帯電話番号、参加者の名前、
     ダブルスのチーム (ペアがいない場合はご相淡ください)
     懇親会への参加の有無、懇親会での飲酒の有無

   ・参加費送付先: 田鳥 成子
      〒135-0015 東京都江東区千石2-5-6

   ・振り込み口座:のうちょ銀行 音通口座
     [のうちょ銀行から振り込む場合]
     口座番号  記号10890 番号14645281
     口座名称 (漢学)  特定非常利活動法人全日本スルーネットピンポン協会
     口座名称 (カナ)  トクヒ) ゼノニホンスルーネットピンポンキョウカイ
     [他の金融機関から振り込む場合]
     店名 0八八店(ゼロハチハチ店)
     口座番号 1464528

20・参加定員
    参加定員は、シングルスは32名、ダブルスは16チームとし、定員になり次第締め切る。
   ただし、1団体からの参加人数、地域的バランス等を考慮し、主催者がこれを調整し、変更を行う場合もある。  

21・宿泊
   宿泊場所は参加者個人にて手配すること。
   なお、遠方から参加される方で、ホテルの予約でお困りの方についてほ、若干数ですが
   多摩障害者スポーツセンターの宿泊施設を確保しておりますので、ご希望の方ほ下記の
   申し込み先までお申し込みください。(但し、遠方の方を優先とさせていただきますので、
   ご理解とご協力をお願いいたします)
   ・宿泊申込先:中村道子
    TEL 042-486-0371 / 080-6739-0751
   ・必要事項:氏名、住所、電話番号、年齢、職業、障害の有無
   障害者手帳番号(該当者のみ。当日必ずお持ちください)
   東京都障害者スポーツセンター利用証(もしお持ちでない方は大会当日に
   会場の1F受付にて発行手続きをしていただく必要があります)
22・医療体系
   競技中に事故が発生した場合の治療費は、原則として競技者の負担とする。それぞれ、
   スポーツ傷害保険等に加入し、負傷や健康には十分注煮すること。
23・その他
   (1)競技者はルールで定められた服装で競技してください。詳しくは規則集(ルールブック)
    「第12条服装その他」を参照してください。
   (2)シューズは運動に適したものを使用してください。
   (3)ネームプレート,ネームカードは各自でご用意ください。書式につきましては、
    規則集(ルールブック)「第13条ネームプレートとネームカード」を参照し てください。
   (4)ラケットは用意していませんので、各自ご持参ください。
   (5)昼食は競技に差し支えないよう、適宜すませてください。

全日本スルーネットピンポン協会ホームページアドレス http://www.suru-nettopinpon.com/

直前のページへ戻るーーーーーー








powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

SSピンポン }}